沖縄には四季がない?

沖縄県の旬シーズンはやっぱり夏ですが、春や秋はどうでしょうか?沖縄といえば夏場のイメージが強いので、春や秋の中間シーズンはどのようなものか知らない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は沖縄の春と秋について調べてみました。

年中日焼け止めが必需品?

「沖縄と言っても12月や2月は寒いでしょ」と思われがちですが、実は本州の寒さほどは寒くないのです。もちろん真夏ほど暑いというわけではありませんが、晴れた日に動けばすぐ汗が出るという日もあるくらいです。特に直射日光は本州の比ではありません。そのため、紫外線量も多く女性でなくても日焼け止めが必需品になるのです。
その理由は亜熱帯気候に位置しているからです。本州のほうは温帯気候と呼ばれています。赤道に違い分太陽も近いというわけです。ですから、冬場でも温かく過ごすことができるのです。そのためプロ野球をはじめとするスポーツチームが冬季のキャンプ地として選ぶのです。
亜熱帯に位置する沖縄では四季を体感することはあまりなく、夏と冬の二つだともいわれています。冬といっても大雪が降り、地面が凍結するような冬ではなく、本州の人たちが想像する秋や春だと思えばわかりやすいと思います。まさに南国というわけですね。

四季があまりないと言われている沖縄ですが、そのあたたかさ故に日本で一番早く桜が咲く場所です。一足早くお花見をしたり、春の植物を楽しんだりするのもいいですね。

一年通して楽しめる観光地

亜熱帯気候に位置する沖縄はどの季節に行っても楽しむことができる観光地ということがわかります。春に行っても暑さを楽しめますし、夏はもちろん、冬も楽しいアクティビティが用意されていますのでどの時期に行っても楽しんでもらえること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です